キトー君 自作 手作り

 

「キトー君ってカンタンそうな構造なのに、こんなたっかいの??」

 

そう思った人は多いはず。

 

本当に自作できないのか?試してみました。

 

しかも、100円均一のダイソーのものを使って(笑)

 

手作りキトー君に必要な条件

 

手作りキトー君を自作するには以下の条件を満たす必要があります。

 

  • 包皮の直径よりも広く開口ができる
  • 器具の先が細い
  • 先端に丸みがあって亀頭や包皮を傷つけない
  • 抜けない
  • 衛生面で清潔な工具である

 

うーん、ダイソーにそんないいものがあるのか?

 

なんてことを思いながら、最寄りのダイソーに繰り出したのです。

 

手作りキトー君の材料として検討したもの

 

私の行ったダイソーは地域内最大級のお店でしたので、色々と選択肢はありました。

 

その中で検討したものを紹介します。

 

綿棒

 

 

先端に丸みがあり、細いものということで、まず綿棒が思いつきました。

 

これを真ん中で二つに折って、包皮に入れて手を放すともとに戻ろうとする力で包皮がひっぱれるのでは?と思ったのです。

 

実際に試してみましたが、元に戻ろうとする力が弱すぎて、ほとんど包皮は伸びません。しかも、すぐに抜けてしまう・・・

 

綿棒+洗濯ばさみ

 

綿棒だけだったら折れてしまうので、洗濯ばさみに綿棒を付けてみることにしました。

 

確かに、包皮をひっぱる強さは増しましたが、問題が発生しました。

 

綿棒がすぐ折れてしまうのです。そもそも綿棒は耐久性が弱すぎて難しいってことですね。

 

ペンチ

 

 

ペンチなら耐久性には問題なさそうです。というわけで色々と試してみました。

 

日本人の陰茎の平均サイズは約3cmです。このペンチはどこまで開くか試してみましたところ、3.5cmまで開けることができました。「包皮の直径よりも広く開口ができる」という要件は満たしそうです。

 

 

こちらはキトー君とペンチを比較した写真です。

 

このペンチの先はキトー君と同じくらいですので、「器具の先が細い」という要件もOKです。

 

 

ペンチの先はギザギザになっていますので、衛生面では不安が残ります。

 

そこで、使ったのが水風船用の細い風船です。こちらをペンチの先にかぶせて、使用ごとに付け替えることで、衛生面もクリアです。

 

ちなみにこの風船もダイソーで調達しました。

 

 

では実際に皮が伸ばせるか試してみました。

 

この通り、キトー君と同じく皮を伸ばすことが可能です。

 

 

 

ちなみにこの手作り器具を自作するのに必要な料金は216円(笑)

 

キトー君なんていらんのでは、などと思うのではないでしょうか。

 

手作りキトー君の問題点

 

ただ、頑張って自作したこの手作りキトー君ですが、いくつか問題点があります。

 

包皮を伸ばしたキープするのは困難

 

ペンチは普通、グリップを開くと、ペンチが開く仕組みになっていますが、グリップを開いた状態でキープするのは非常に困難です。

 

風船で試した時は1分も持ちませんでした・・・

 

ネットで調べていると、オープニングプライヤーで問題は解決できそうです。

 

下記の製品なら、先も細いので、キトー君の代わりに使えそうです。

 

 

出典:http://www.green-piercing.com/shop/g/gLROxxxxxxxxxx/

 

でも、この器具6500円くらいします。キトー君よりはさすがに安いのですが・・・・

 

加えて、これらの器具にはキトー君のようなストッパー機能はついておりません。

 

 

いずれにしても30分間、グリップをキープする必要があります。

 

疲れてきて、操作を誤って、皮を思いっきり開いて、裂けてしまった。なんてこともあるのです。

 

 

>>キトー君DXを見にいく

 

 

 

キトー君のような返金や手術代保証がない

 

当たり前ですが、ペンチで自作した手作り器具にはにはキトー君のような返金や手術代保証はありません。

 

参考:【怒】キトー君が返品されなかったのはなぜ?|手術代保証ともに解説

 

ペンチに関してはもしかしたら返品できるかもしれませんが、返品には理由を求められます。そのときなんて答えますか?

 

「包茎矯正器具としてペンチを使ったが、うまくいかなかったから返品したい」

 

なんてことを言っても恐らく認められることはないでしょう(笑)。なぜなら、ペンチの目的はあくまで工具であって、包茎矯正器具ではないからです。

 

【自作】ダイソーで売ってるものを使ってキトー君を手作りしてみた

 

(キトー君の郵送小包には工具って書いてありますが、これはあくまでカモフラージュです(笑))

 

 

結論:キトー君の自作は難しい

 

キトー君は一見簡単そうに見えますが、実は同じようなものを作るには結構、お金がかかり難しいのです。

 

下手にキトー君のような器具を手作りして、包皮を傷つけたりするくらいなら、初めからキトー君を購入した方がいいと思います。

 

そもそも、包茎を矯正する理由はなんでしょうか?

 

衛生面や見た目ということもあると思いますが、一番の目的は女性にモテたいからではないでしょうか。デート代やプレゼント代を考えるとキトー君の購入費用なんか安い方ですよ(笑)

 

 

 

 

キトー君を誰にも知られずにひっそりと購入する方法

 

男性のデリケートな悩みにアクセスするキトー君ですが、使っている人の大半は家族や友人・恋人にそのことをバレたくないはず。

 

自宅への配送はどうしても家族に見られてしまうリスクを伴いますが、ある方法を使えばそのリスクをゼロにすることが可能です。

 

キトー君に興味がある方は一度検討してみて下さい。

 

⇒こっそりとキトー君を購入する方法はこちら

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加