キトー君 時間

 

 

キトー君の説明書にはこう書いてあります。

 

「1日朝晩30分続けましょう」

 

 

でも、1日朝晩30分って結構きついですよね。

 

時間がある学生さんならまだしも、社会人だと時間も取りづらくて大変です。

 

そのとき多くの人は思うでしょう。

 

「本当に30分もいるのか?一体何分だったらいいのか?」

 

検証してみました。

 

キトー君の使う時間は長いほうが効果は高い

 

いきなり答えからいきます。1日あたりのキトー君を使う時間は長いほうが効果が大きいです。

 

キトー君は包皮を伸ばす器具です。包皮は伸ばし続けることによって、皮が伸びた状態をキープし続けることができます。

 

なので、長時間使う方が効果が高いのは間違いないです。

 

ただ、1つ気を付けないといけないのが、長時間の使用によって、包皮に負担がかからないか、です。

 

包皮に負担が掛かってしまい、傷や痛みが生じてしまったら元も子もありませんよね。

 

キトー君を使って、一刻も速く治したい!!と思っても自分の無理のない範囲で実行してください。

 

 

じゃあキトー君の使用時間は何分だったらいいのか?

 

長ければ長い方がいいことはわかったと思いますが、では何分くらいなら効果があるのでしょうか?

 

残念ながら、私もはっきりとした答えを持っていません。

 

キトー君は同じように使っても、その治療期間は人それぞれです。2週間で行ける人もいれば2ヶ月かかる人もいます。

 

1日の使用時間も5分でいい人で良かったという人もいましたが、個人差があることは間違いないです。

 

矯正にどれくらいの時間が必要かは実際に使ってみないとわかりません

 

大事なのは、キトー君を日々継続して使用すること

 

 

では、視点を変えてみましょう。

 

毎日5分を3週間繰り返すのと、1日2時間(120分)使用して、その後放置するのとどちらが効果的ででしょうか?

 

前者が5分×21=105分、後者が120分と合計使用時間は後者の方が長いです。

 

でも、より効果的なのは間違いなく、5分間を繰り返し使用する方なのですね。せっかく頑張って長い時間使っても、その後放置すると皮は元の状態に戻ってしまいます。

 

頑張って長い時間、集中して使うよりも継続して使い続けることが大事なのです。

 

継続してキトー君を使う工夫が重要

 

 

キトー君を継続して使うにはどのような工夫が必要でしょうか?

 

真性包茎を治したい気持ちも重要です。ただ、治療に強い痛みが伴った場合、次の日も使いたいと思うでしょうか?

 

継続する上で大事なのは、無理なく使うことです。

 

キトー君を始めて使った時はほぼ例外なく痛みを伴います。なので、最初の方は短い時間でも問題ありません。

 

痛みに耐え切れなくなってきたら、その日は辞めて次の日に頑張りましょう。

 

それを繰り返していると、やがて目に見える効果が現れます。そうなったらしめたものです。

 

目に見える効果が出てくれば、俄然やる気も出てくるでしょうし、継続するのもさほど苦ではないはずです。

 

私が継続してキトー君を使うために行った工夫

 

 

継続するための一つの手段として、自分の趣味に関連付けることをおすすめします。

 

私は漫画を読むのが好きなので、キトー君を使っている時間は「ゴルゴ13」を読むようにしていました。

 

そうすることによって、痛くてただ待っている時間を退屈せずに乗り越えることができました。

 

まとめ

 

キトー君は長ければ長いほうが効果は高いですが、1日の使用時間は人それぞれで答えを出すことはできません。

 

ただ、キトー君を使う上で大事なことは継続することで、自分のライフスタイルに応じた継続する仕組みを考えていきましょう。

 

 

 

 

キトー君を誰にも知られずにひっそりと購入する方法

 

男性のデリケートな悩みにアクセスするキトー君ですが、使っている人の大半は家族や友人・恋人にそのことをバレたくないはず。

 

自宅への配送はどうしても家族に見られてしまうリスクを伴いますが、ある方法を使えばそのリスクをゼロにすることが可能です。

 

キトー君に興味がある方は一度検討してみて下さい。

 

⇒こっそりとキトー君を購入する方法はこちら