キトー君 癒着

真性包茎には二つのタイプがあります。

 

それは、亀頭との癒着がある人とない人です。

 

癒着があるタイプはより難治性と言われています。口コミを見ていると、キトー君でも治せないとか。

 

でも、そんな人にもキトー君をおすすめしたいのです。

 

その理由を説明したいと思います。

 

真性包茎の癒着って何?

 


癒着とは包皮と亀頭がくっついている状態です。

 

そもそも真性包茎で癒着している状態ってなんなのでしょうか?

 

人間生まれた時は皆、包皮と陰茎は癒着しています。

 

癒着している包茎は成長の過程で解決する場合がほとんどです。

 

陰茎をいじったり、勃起している時に刺激がかかり、徐々に剥がれていくんですね。ほとんどの人は小学校高学年には癒着は剥がれます。

 

それにも関わらず、癒着している場合ってどういう状態でしょうか?

 

真性包茎でも簡単に癒着を確認できる方法があります。

 

勃起していないときにおしっこをするときに、包皮の先端を指で摘んで見てください。

 

その時に亀頭部分の包皮が風船みたいに膨らむようであれば、癒着していないと判断可能です。

 

この状態であれば、問題なくキトー君を使うことができます。

 

問題は、包皮が膨らまない、もしくは先っちょが少し膨らむ場合です。このケースは包皮が癒着しているといえます。

 

癒着している場合、絶対にキトー君を使うことはできないのでしょうか?

 

真性包茎の癒着も2タイプあります。

 

 

上の方法で癒着している場合でも、実は二つのパターンがあります。

 

1.本当に癒着している場合
2.亀頭と包皮の間の恥垢などが包皮とくっついて、癒着しているように感じる場合

 

2.の場合はすこしずつ剥いていくことが可能です。

 

入浴時に少しずつ慣れさせていくことにより、徐々に剥がしていくことができます。それと並行して、キトー君を使用することが可能です。
一方、1.の場合はどうすることができません。

 

1.の見分け方の基準は慣れさせていっても全然剥がれず、剥がそうとすると激痛が走る場合ですが、正直、1.か2.の判断は時間がかかりますし、かなり難しいです。

 

でも、癒着すると分かっても、手術するにはお金がかかる。ではどうすればよいでしょうか?

 

こんな状態でも実はキトー君を購入するのがお得

 

こんな状態でも実はキトー君を購入するのがおすすめです。

 

癒着しているといっても恥垢が原因であれば、キトー君を使って改善ができるということ、さらに本当に癒着している場合でも手術代保証制度を使うことができるためです。

 

手術代保証制度とは

 

 

キトー君の手術代保証制度とは、キトー君を使っても改善せず、手術を受けることになってしまった方への救済措置になります。

 

手術適応を受けるには、事前にメールを受ける必要がありますので、保険適応を受ける必要があるので、一度泌尿器科で診断を受けたほうがようです。

 

その後、領収書の原本を送ることによって、返金されるという仕組みです。

 

手術代は保険適応を受けると安くはなりますが、それなりの費用がかかります。

 

キトー君を購入しておくと、その費用が負担してもらえるので、結局はお得に手術を受けることができる、ということになります。

 

 

>>手術代保証の詳しい情報はこちら

 

 

まとめ

 

真性包茎でも包皮の癒着を確認するのは簡単にできますが、癒着していることが分かってもキトー君はおすすめです。

 

なぜなら、癒着していてもその原因が恥垢なら徐々に改善する可能性があり、さらに改善が見込めない場合でも手術代保証制度を使うと、通常よりも安価に(キトー君の購入価格のみ)で、手術を受けることができます。

 

また、購入者へのアフターサービスも万全です。真性包茎を知り尽くしているメーカーのサポートは本当に心強い限りだと思います。

 

 

 

 

キトー君を誰にも知られずにひっそりと購入する方法

 

男性のデリケートな悩みにアクセスするキトー君ですが、使っている人の大半は家族や友人・恋人にそのことをバレたくないはず。

 

自宅への配送はどうしても家族に見られてしまうリスクを伴いますが、ある方法を使えばそのリスクをゼロにすることが可能です。

 

キトー君に興味がある方は一度検討してみて下さい。

 

⇒こっそりとキトー君を購入する方法はこちら

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加