真性包茎 彼氏

 

日本男性の7割もの大多数が包茎と言われています。その中でも一般的なものが「仮性包茎」です。

 

「包茎の悩み」と言えば「仮性包茎」の悩みが多く、青年誌なども特集を組むほどです。しかしこの全体の7割の包茎の中でも深刻なものがあります。それが「真性包茎」と呼ばれるものです。

 

この真性包茎は、成人男性の1〜2%と言われています。

 

では好きになった彼氏が真性包茎だった場合、どのように対処すればよいかなどを述べたいと思います。

 

彼氏が真性包茎であることのデメリット

 

大切な彼氏が真性包茎であることによって、彼氏自身、そして女性にもどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

コンドームをしていても、実際の彼自身の陰茎が女性の膣の中に入ることには変わりません。

 

真性包茎は、女性の膣内でのピストン運動の時、皮が引き攣れて痛みを引き起こすことが多いです。

 

それにより、せっかくの勃起が萎えてしまう危険性もあります。

 

真性包茎であったとしても、性行為自体は可能です。

 

しかしやはり亀頭を完全に露出させて行う性行為が本来のやり方です。

 

コンドームをする場合も、陰茎を勃起させ、包皮を完全に剥いて装着する方法が一般的です。

 

セックスが気持ちよくない

 

男性の亀頭には「カリ首」が存在します。もともとこのカリ首がなぜあるのでしょうか。

 

一説によると、他の動物の精液を掻き出して、自分の精液を注入するためと言われています。

 

精液を掻き出すと同時に、この「カリ首」の存在こそが、男性自身、そして女性共に快感を与えるキーポイントになります。

 

亀頭責めなどの方法がありますし、アダルトビデオなどもそのようなジャンルがあります。

 

見てみると亀頭の先端をぐりぐりと刺激し、男性が呻いているシーンが良くあります。

 

しかし人にもよりますが、少なくとも男性である私自身が最も感じるポイントは「カリ首」や「裏筋」になります。

 

亀頭の先端をいじられてもそれなりに気持ち良いですが、刺激が強すぎてかえって射精出来ません。

 

やはりカリ首をじっくり刺激される方が、快感が長く続いて気持ちが良いです。

 

彼氏が真性包茎だった場合、根元のカリ首が完全に包皮に覆われているため、根元の竿と亀頭の段差がなくなってしまいます。

 

そのため、カリ首で膣の壁を擦りあげる感覚が女性側で感じることが出来ない上、男性自身も気持ちよくないという悲劇が生まれます。

 

 

性病になりやすい

 

真性包茎は、常時包皮が被っているため、恥垢を洗い流すことが難しい上、湿った状態が常に続きます。

 

そのため、一度細菌やウイルスが入り込むと繁殖しやすく、性病にかかりやすくなります。

 

特に多いものとして、亀頭包皮炎が挙げられます。

 

本来は入浴した時にきれいに洗えば包茎でも何の問題もありません。

 

もし彼氏が真性包茎であった場合、仮性包茎の男性と比較して包皮を剥くことが困難となります。

 

真性包茎は、常時包皮が被っているため、恥垢を洗い流すことが難しい上、湿った状態が常に続きます。

 

そのため、一度細菌やウイルスが入り込むと繁殖しやすく、性病にかかりやすくなります。

 

特に多いものとして、亀頭包皮炎が挙げられます。

 

本来は入浴した時にきれいに洗えば包茎でも何の問題もありません。

 

もし彼氏が真性包茎であった場合、仮性包茎の男性と比較して包皮を剥くことが困難となります。

 

そのため、仮性包茎よりも雑菌がたまる確率は高いと言えます。

 

無論、包茎と性病の相関関係を完全に証明するデータは存在していません。

 

しかし雑菌が尿道口から入り込む危険性も否定は出来ません。

 

子宮頚がんのリスクがあがる

 

男性の真性包茎は、女性の子宮頚がんのリスクを向上させる危険性も指摘されています。

 

無論、安易に「男性の包茎=女性のがん」と結びつけるのは早計です。

 

そもそも子宮頚がんの直接の原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)への感染が原因であると指摘されています。

 

彼氏が真性包茎だとしても、男性側がウイルスを保持していなければ女性に移ることはありません。

 

しかし包茎の場合、常時包皮が亀頭に被っているため雑菌の温床になり、ウイルスに感染する危険性が高いと言えます。

 

そもそも雑菌は湿った環境で繁殖するため、包皮が常時「剥けている」人よりも包茎の陰茎が雑菌に侵される危険性は高いです。

 

 

そもそも本当に真性包茎かどうか確認する

 

 

付き合っている彼氏が真性包茎であるため、今後のためにどうすればいいのか悩んでいる女性もいます。

 

彼氏の真性包茎を指摘したい気持ちはあるものの、プライドを傷つけてしまうかも知れません。

 

例え真性包茎だとしても包皮が完全に癒着しているとは限りません。

 

通常より「剥けにくい」だけの場合もあります。

 

しかし剥けにくいということは、入浴の時、包皮を剥いて洗う確率が減少します。

 

痛みを伴う場合などはなおさら剥くことが怖くなり、洗わなくなってしまいます。

 

そのため悪臭が陰茎から漂うという悪循環になります。

 

まずは、勃起した相手の陰茎の包皮をゆっくり剥いてみましょう。

 

ゆっくり、根元に向かって包皮を下げましょう。

 

その時に痛がる仕草をしたらすぐにストップして下さい。

 

「あと少しで剥けるから」と無理やり剥き上げることは絶対に禁物です。

 

包茎には3種類ある

 

 

包茎と一口に言っても、その種類には3種類あります。

 

まずは彼氏の包茎がどのタイプかを見極めましょう。

 

「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」が主な種類となります。

 

その中でも最も日本人に多い包茎が、「仮性包茎」となります。

 

日本の成人男性全体では、実に6割〜7割が仮性包茎と言われています。

 

「仮性包茎」は、普段は亀頭に包皮が被っていても勃起すれば露出する状態のことを言います。

 

この場合、衛生面に問題がなれければ必ずしも手術の必要はありません。

 

しかし常時包皮が被っているため、どうしても恥垢がたまりやすく、亀頭が包皮によって保護されている状態となります。

 

そのため、外部の刺激に弱く、早漏の原因となる場合もあります。

 

手術を考えるべきは、「真性包茎」や「カントン包茎」になります。

 

では真性包茎やカントン包茎とは、具体的にどのような状態のことを指すのでしょうか。

 

 

「真性包茎」とは、完全に亀頭に包皮が被っている状態で、通常時や勃起時にかかわらず「包皮が剥けない」状態を表します。

 

手で包皮を剥こうとしても痛みや、癒着で一切亀頭を露出することが出来ません。

 

仮性包茎の場合は勃起時には包皮が反転することが可能ですが、真性包茎の場合は包皮の反転が無理な状態を指します。

 

そのため、剥けない場合は、無理に反転させてはいけません。

 

それでは「カントン包茎」とはどのような状態なのでしょうか。

 

カントン包茎とは、包皮を剥くことは出来る点では仮性包茎と同じです。

 

しかし、包皮を剥いて亀頭を露出させた場合、包皮が亀頭の根元を締め付けて元に戻せない状態を言います。

 

うっ血した状態になるため、大変危険です。

 

真性包茎の特徴

 

では真性包茎とはどのような状態を言うのでしょうか。

 

本当に彼氏が真性包茎であるかどうかをチェックするには、どのような方法があるのでしょうか。

 

通常時や勃起時にかかわらず、「包皮が剥けない」状態であることは既にお伝えした通りです。

 

包皮が根元のカリ首まで反転して亀頭が露出出来るかどうかが判断基準になります。

 

包皮口が狭く、亀頭が出ない状態もしくは、亀頭と包皮が癒着している場合などがあります。

 

癒着していることが判明したら、無理に剥くようなことをしないように気を付けて下さい。

 

この場合、放置すると亀頭包皮炎などの症状が起きる危険性があります。

 

この亀頭包皮炎は、亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することにより引き起こされる皮膚炎です。

 

真性包茎の場合、亀頭包皮炎をはじめとする様々な症状が出ます。

 

一般に亀頭包皮炎は子供の病気と思われがちですが、包茎の成人男性でも発症します。

 

 

真性包茎であることを指摘するには注意が必要

 

 

直接的に注意されると、傷つくものです。

 

女性も自分自身の陰部の匂いや形などを指摘されれば傷つくはずです。

 

実際、インターネットの相談などで彼氏との性交渉の時、真性包茎の存在を知らない女性がいました。

 

「汚いし、臭いから洗ってきて」とダイレクトに伝えたために男性は怒って帰ってしまったそうです。

 

しかし、一概に女性を責めることは出来ません。

 

確かに女性の言い方には問題はありますが、そもそも体臭や口臭などは性行為の前に気を付けるべき事柄なはずです。

 

特に最近はマスコミが「草食系男子」などと言って内にこもってコミュニケーションをとらない人も増えています。

 

体育会系の男子であれば、部で先輩から剥かれることも多いため、早くから自分が真性包茎であることに気づける可能性が高いです。

 

無論、事前に仮性包茎か真性包茎かを確かめて真性だと勘弁してもらえます。

 

少なくとも私の頃は、同期に真性包茎がいましたが、「手術した方が良いぞ」と先輩に言われていました。

 

さすがに体育会系でも、真性包茎を強引に剥くことはしませんでした。

 

しかし仮性包茎の場合は亀頭が全部露出するまで剥かれます。

 

その段階で自分自身の陰茎の形状に気づくはずなのですが、相談する同性の先輩や友人に恵まれなかった場合なども考えられます。

 

いかにしてプライドを傷つけないか

 

男性は多少なりとも自分自身にプライドがあるものです。

 

特に女性との性交渉の時は、恥をかかないようになど意外とあれこれ気を使います。

 

最近では「包茎は恥ずかしい」といったクリニックの広告を信じる人は少ないと思います。

 

しかしあくまで大多数のクリニックが包茎手術の対象にしているのは「仮性包茎」の場合が多いです。

 

なぜなら仮性包茎の方が真性包茎より絶対数が多く、クリニックとしては患者数が見込めるためです。

 

あまり真性包茎を表に出すクリニックは仮性包茎に比べ少ないです。

 

しかし真性包茎の場合は、前述のとおり雑菌がたまりやすく男性本人にも相手の女性にもデメリットがあります。

 

最も悩んで辛いのは彼氏自身であることをご理解下さい。

 

では男性のプライドを守りつつ包茎手術を促す方法はあるのでしょうか。

 

例えば「これからの2人の将来を考えて手術を受けてほしい」と伝えるのも手です。

 

特に男性は手術を受けたことが他人に知られることを極端に恐れます。

 

そのため、「2人だけの秘密」などと言って安心させましょう。

 

その他、男性が挿入時に最大限快感を得るには、包茎手術を受ける方が良いとの指摘もあります。

 

この点も強調すると良いでしょう。

 

最後は彼氏を信じてあげる

 

真性包茎に対して何か対応するかしないかは彼氏が最終的に決めることです。

 

前述の通り、真性包茎で悩んでいるのは当人の彼氏であることをご理解下さい。

 

ただ彼氏が真性包茎の場合、挿入時に皮が引っ張られて激痛が走ることが多いです。

 

当然、彼氏との性行為の回数が減ると思います。

 

そうなったらお互い辛いだけです。

 

無論、愛し合う方法は体だけではありません。

 

しかし肌を重ねることも必要です。

 

「一緒に気持ち良くなりたい」と素直に伝えることも良いと思います。

 

真性包茎解消に向けたアプローチ

 

 

手術を受けるか受けないかどちらかにしても、彼氏の真性包茎をどう解消していくかといった課題が残ります。

 

一番の課題は「どのようにして清潔に保つか」といったことでしょう。

 

もともと包皮の中は汗や尿などの他、微量の精液なども含まれています。

 

それらが混ざり合い、特に夏場は匂いを発します。

 

特に真性包茎の場合は、仮性包茎に比べ亀頭が外気にさらされることもなく熱や湿気が包皮にこもります。

 

そのため匂いも強烈なものになる危険性が高いです。

 

ただ幸運なことに、真性包茎の場合は、仮性包茎と違い保険適用になる可能性が高いです。

 

真性包茎の問題点として以下があります。

 

恥垢がたまりやすい、臭いを発しやすい、皮の内側の亀頭部分に溜まった恥垢の掃除が物理的に出来ないなどです。

 

仮性包茎と比較しても、重度であることは一目瞭然です。

 

例え仮性包茎と比較しても、金銭的にもそれほど負担になりません。

 

手術は怖いし、高い

 

「体にメスを入れる」ということは、本来恐ろしいことです。男女問わず、手術は気が気でないものです。

 

しかも、メスを入れる箇所が自分の大事な「ムスコ」になると男性は特に臆病になります。

 

彼氏が真性包茎を克服しようと考えてくれるのはありがたいですが、安易に手術を勧めることも出来ません。

 

そもそも「手術が怖い」と思う原因は何があるのでしょうか。

 

手術費用がどのくらいかかるかが不明、手術中や手術後に痛みがあるのではないか、失敗の危険性はないのかなど枚挙に暇がありません。

 

そのために真性包茎の彼氏にはクリニックへ納得のいくまで相談するように説得しましょう。

 

「男のくせに怖がるな」などと否定的な言葉は投げないで下さい。

 

「怖くて当たり前、不安で当たり前。だからこそ、プロに納得のいくまで相談してね」と真性包茎の彼氏に優しく声掛けをして下さい。

 

更に包茎手術のクリニックには、24時間365日の男性カウンセラーの電話での相談窓口があります。

 

まずは彼氏に真性包茎について電話で相談を勧めてみるのも良いでしょう。

 

真性包茎の皮が伸びる!キトー君

 

 

しかし、自分自身で処置をすることも出来ます。それがこの世界で唯一の真性包茎矯正グッズである「キトー君」です。約2週間かけて包皮を少しずつ広げていく機器です。

 

一見するとニッパのような形状をしている機器になります。ただ今まで被っていてまったく外気にさらされていない亀頭は敏感であり、ともすれば痛みを伴います。

 

剥くことが出来ても焦らずじっくりと時間をかけて剥きだしの亀頭を慣れさせましょう。

 

私はつい最近まで所謂真性包茎でしたが、色々検討した結果、このキトー君に至りました。

 

そして、ついに包皮を伸ばすことに成功しました。

 

真性包茎の原因である「包皮輪の狭さ」ですが、包皮を伸ばしてやることによって、克服可能です。

 

この器具で包皮輪を掴み引っ張ってやることによって、真性包茎は解決します。

 

もちろん、1日や2日、実践しただけでは改善しません。

 

説明書には2週間と書いてありますが、実際はもっとかかる人もいます。

 

しかし、1ヶ月〜2ヶ月間、朝、夜2回、継続することによって、「包皮は伸びるのです。」

 

 

>>キトー君を見に行く

 

キトー君はアフターサービスも万全

 

キトー君を公式サイトで購入すると、アフターサービスを受けることができます。

 

公式サイトより

 

彼氏が真性包茎の人の心を救うたった一つのこととは・・

 

キトー君を使って効果がなかった場合、返金保証を受けることができます。

 

通常の器具なら、お金を返してもらってそれでおしまいです。お金は戻りますが、包茎はそのままです。

 

しかし、キトー君の場合はアドバイスを受けることが出来るのです。

 

キトー君は2001年の発売から既に15年以上経過しており、販売元のツルマキは真性包茎治療のノウハウはおそらく世界一です。

 

そんなツルマキの指導を受けることができれば、少なくとも使い方が間違っていることによる治療の失敗はリカバーすることが可能です。

 

 

キトー君を購入すると手術代も保証される

 

キトー君を使ってもどうしても治らない場合があります。

 

そもそも包皮輪が狭すぎて、キトー君が入らない場合や包皮が亀頭と癒着している場合がそれに該当します。

 

そういう場合は残念ながら手術するしかありません。ここまで重篤な症状の場合は保険適応での手術を受けることができます。でも、保険適応を受けることができても、ある程度の費用が必要になります。

 

ところが、キトー君を公式サイトで購入したら、保険適応の手術の料金を負担してくれます。なので、費用のことは気にせず、手術を受けることができるのです。

 

 

>>キトー君の手術代保障はこちら

 

まとめ

 

彼氏が真性包茎だった場合、男女ともに辛いものです。

 

特に男性は、自分自身の「ムスコ」のことに関しては極端に臆病になります。

 

汚い、臭いなどと言いたくなる気持ちも分かりますが、最も悩んでいるのは彼氏自身であることをご理解下さい。

 

そして、お互いに理解したときには改善に向けた取り組みを行っていきましょう。

 

どの方法を選ぶかは人それぞれですが、そのときにこの記事が参考になれば何よりです。

 

 

 

キトー君を誰にも知られずにひっそりと購入する方法

 

男性のデリケートな悩みにアクセスするキトー君ですが、使っている人の大半は家族や友人・恋人にそのことをバレたくないはず。

 

自宅への配送はどうしても家族に見られてしまうリスクを伴いますが、ある方法を使えばそのリスクをゼロにすることが可能です。

 

キトー君に興味がある方は一度検討してみて下さい。

 

⇒こっそりとキトー君を購入する方法はこちら